特定非営利活動法人 皮膚の健康研究機構

皮膚の健康増進に関する総合的な活動を通じQoLの向上に貢献することを目指します

特定非営利活動法人(NPO)皮膚の健康研究機構は、皮膚の健康管理・疾患治療・ケア等に関する調査・研究、臨床試験支援、さらに氾濫する誤った医学・医療情報に対する警鐘及び適正な知識の啓発、実務研修などの活動を通じ、皮膚の健康増進・QOL(Quality of life)の向上を目的として2009年に設立されました。
さらに、その活動の充実を目指し、2019年に当機構内に倫理審査委員会(IRB)および認定臨床研究審査委員会(CRB)を設置し、特定臨床研究にも対応できる体制を整えました。

今秋開校予定

 受講・入会申し込みは近日中に公開いたします。

NPO法人 皮膚の健康研究機構が提案する 「NPO SKIN セミナー」
(Novel Professional Outlook:プロが語る新見解)

セミナーの紹介


【NPOSKINセミナーが目指すこと】
宮地良樹 京都大学名誉教授
川島眞 東京女子医科大学名誉教授
(8m)

開校前特別公開


【夏の皮膚病】
NTT東日本関東病院皮膚科
部長 五十嵐敦之先生
(前編12m、後編17m)

本セミナーは医療関係者の方々を対象にしており、一般の方に対する情報提供を目的とはしていない事をご了承ください。なお視聴にはYouTubeのアカウントが必要です。

審査業務

皮膚科領域に特化した調査・研究、治療提供に関する審査意見業務を行います。

光線皮膚科学(Photodermatology)

日本フォトダーマトロジー学会

光線皮膚科学の発展を目的にした学会

「光老化」の認識を高めるための啓発活動

資格取得

グラスファイバーBS

爪矯正器具「B/Sクイック」の入手に認定が必要になります。

巡活マッサージ

巡活マッサージの資格取得について

お知らせ